読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオフリーの物語

80年代を駈け抜け30年、ようやく過去の私と向き合う

私の軌跡ー7<外伝>-映画俳優編ー1

テイタム・オニール Tatum O´Neal 1963年11月5日生まれ。カリフォルニア州ロサンジェルス出身。父親は、ライアン・オニール。1973年に、ピーター・ボクダノビッチ監督作品「ペーパー・ムーン」ライアンと親子共演。アカデミー助演女優賞を史上最年少10歳で受…

私の軌跡ー7-<外伝>-音楽編-1

ABBA 大好きでした、ABBA。 ダンシングクイーンが流行ったのは、70年代半ばだっけ? どこもかしこも、この曲が流れていて、 高校帰りに、ちょっとマックで、そこもダンシングクイーンだったような。 ふーーーーん。。。 と気に入ったら、とことん行…

私の軌跡ー7-<外伝>-映画編ー3

映画館でもぎりのアルバイト ムサビ時代、掛け持ちでたくさんのアルバイトをしていました。 就職情報誌のデザイナー見習い、 喫茶店、 児童画教室の先生、 そして、映画館。 今はもうありませんが、 初めての映画館でのもぎりは、 渋谷東口、東急文化会館6…

studio FREEの軌跡ー0-1

4章の私への贈り物 PUPAS さなぎ COCOON 繭 NEST 巣 ワイヤークロッシェという技法では、写真のように、 くるむ、包む、籠のような編み方が自由にできるのです。 私は、鎖編みから、ランダムに形をつくる方法が気にっています。 ワイヤーの…

studio FREEの軌跡ー0-Rebirth

Free & Rii 「OPEN SESAME !」 「studio FREEの軌跡」への、扉を開けました。 スーパーセブンのキラキラ「蜘蛛の糸」 可愛かった女の子「23歳の祖母への贈り物」

私の軌跡ー5-0

名前 写真は、新婚当時の両親と私、父28歳、母23歳。 父は、北海道の旭川出身。 母は、九州福岡県か宮崎県の出身。(祖父の仕事で転々としたらしい) 北と南で、どのように出会い結婚したのかは、未だ謎です。 聞かないまま、母は69歳で亡くなっているからで…

私の軌跡ー4.5-1

蜘蛛の糸 幸い、側を見ますと、翡翠(ひすい)のような色をした蓮の葉の上に、極楽の蜘蛛が一匹、美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸をそっと御手に御取りになって、玉のような白蓮(しらはす)の間から、遥か下にある地獄の底へ、まっ…

私の軌跡ー4ー1

言葉の威力と、いやだと言える勇気 3章後半部分は、あとで書きます。 まあ、とにかく私は、国税局の方々に、最後まで「自分が使いました。」というスタンスを変えませんでした。 その後、はた、と気づいた事柄に、 「嘘も百回言えば真実になってしまう。」…

私の軌跡ー3-5

崩壊とメタモルフォーゼ-3<フィクションとしてお読みください> <1992~1994年ごろの話です。> いや、とりあえず、わけもわからぬまま、 私と妹は洗礼を受け、人質(?)ふたりづづを持ち、 ただ、これまで、事務所経費やら人件費やら、 あれこれの資金…

私の軌跡ー3-4

崩壊とメタモルフォーゼ-2<フィクションとしてお読みください> <1991年頃の話です。> スタジオフリーがすっぽり収まった、G社。 妹の友達パパA社長との約束事はこうでした。 ●スタジオフリーは登記上残す。(本店・港区) ●流通D社のパッケージデザ…

私の軌跡ー3-3

崩壊とメタモルフォーゼ-1<フィクションとしてお読みください> 写真はモルフォチョウ ご存知のとおり、蝶は「蛹」から羽をもった美しい蝶になります。 私は、赤羽の祖母に、よく上野の国立科学博物館へ連れて行ってもらいました。 帰りは、決まって土産…

私の軌跡ー1-7

ドタバタ ベンツ300E ロレックス コンビ ボーイズ ドタバタ、絶叫マシーン並みの経営のあと、 戦い敗れて山河あり的ではなく、 念願だったはずの、ベンツとロレックスは手中にありました。 でもね、 子供を生んでみると、あんまりね、 上の二つが似合う…

私の軌跡ー2-8

高校生活 間違って入ってしまった高校も、 数ヶ月もすると目が良くなり(?)、 徐々に、姫オタクではない人々、 仲良くしたいなっ!と思える友達の姿が、 私の目にも、ちらほらと映るようになりました。 なかでも、S井くん、Mちゃん、とは仲良くすること…

私の軌跡ー2-7

高校入学初日 写真 ちび妹三歳七五三 多分私高校2年生 中学のとき、まず面食らったことがあった。 朝礼などで校歌を歌う際、ちゃんと声を出して歌うのは、 みっともないことだったこと。 その頃、学校が荒れていた時期も重なると思いますが、 女の先生は毎…

私の軌跡ー1-6

獅子身内の虫 PART-1 これは、近所の公園のただのバッタです。 なんか、長文書くのめんどうになってきたから、箇条書きにしようかな。 えーーーと、 そう、 ①スタジオフリーは、赤坂の事務所に移転しました。 ②人手足りなくて、新聞広告で募集したら、100…

私の軌跡ー7-<外伝>-読書編ー2

蜘蛛の糸と、変身と、悲しみよこんにちわ オリオン座。 なぜだか、十分大人になったはずの、40歳代でも、 芥川の蜘蛛の糸、 カフカの変身、 サガンの悲しみよ、こんにちわ この3編は、ことあるごとに、その中の一節を思い出します。 蜘蛛の糸は、説明するま…

私の軌跡ー7<外伝>ー読書編ー1

純文学と現代文学 写真は、多分中1ぐらいの私 両親ともに、読書が好きだったようで、 母親は活字大好きで(本人曰く)、六法全書を読破したと豪語していました。 確かに、うちは、床が抜けるんじゃないかというくらい、 本棚が壁一面、階段の踊り場も本棚。…

私の軌跡ー1-5

使命感と損得の、表裏一体 写真紋章と、ロゴマーク(英文)は私デザインです。 DEAR FIT 再創刊6号目あたり、 一万人へのフリーペーパー郵送、フィットネススタジオへの設置、広告収入も順調に伸びてきておりました。 が、もう、会社自体がもたない。 自分…

私の軌跡ー1-4

FITの休刊 まだ、ベンツとロレックスの似合う女ではなかったものの、 フィットネス情報誌月刊FITの仕事は順調、他社からのレギュラーも加わり、 スタジオフリーの月商は500万円を超えるようになっていました。 当初数名だったスタッフを、20名近くまで増…

私の軌跡ー2.5-1

自由への憧れ 写真 右は私、左は上の妹 徐々にブログの本質へと近づきます。 私は、毎週日曜日の朝、絵を描きに出かけました。 よくある児童画教室ではなく、画家の集まりがある本格的なアトリエでした。 なぜ、そこだったのかは、もう母が亡くなっており、 …

私の軌跡ー2-6

誤解が誤解を呼ぶ、中3修学旅行事件 左で寝ているのが私。 右は、多分友達のK子ちゃん。 この写真、あとで、間違い探しあります。 して、 修学旅行事件ですが。 私が通った中学校、市内で最も大きなマンモス校で、 ひと学年のクラスがA組からJ組まで、40人…

私の軌跡ー2-5

愛と誠 ↑写真は中3かな。(いや、電話もってる奴ではない) 愛と誠が大ヒット。 テレビドラマか映画かは、忘れてしまいましたが、 漫画では可憐で美しい、乙女カットの早乙女愛役を池上季実子さんが演じ、 あまりの違いにげんなりしてしまい、 傷ついた誠を…

私の軌跡ー7-<外伝>ー映画編ー2

ぴあ 映画好きの子供たちは、映画小僧とよばれていました。 お金がない都内近郊の小中学生は、 毎週土日にかけて、ロードショー上映の映画館めぐりをし、ちらしだけをもらったり、 または、近接する名画座で、2本~3本立ての旧作を150円ぐらいで観たりします…

私の軌跡-7<外伝>-映画編ー1(追記あり)

人生初の洋画鑑賞 私は映画が大好き。 特に、ハリウッド超大作のアメリカ映画が好きでした。 いつから好きだったのか思い出せないくらい、 映画は私の一部であると言えます。きっぱり。 <外伝>としたのは、マニアックな内容になりますので、 映画好きでな…

私の軌跡ー0-Rebirth

studio free rebirth ここから ある日、高校同級生のみほさんから、メールがきました。 「今度、環が東京で個展やるんだって。行こうよ!」 私の返事も待たず、数日して、 「はずみ経由で環の個展はがき、りいちゃんとこ送ったよ。」 翌日には、はがきがきて…

私の軌跡―3―2

パッケージデザイン 美大には、将来、レコードジャケットや、映画のパンフレットのデザインがしたくて、はいりました。 が、しかし! 卒業する頃には、レコードジャケットではなく、CDが蔓延りはじめ、 わっ! ちっさ! もう、ダメ、こんな小さいものに、 ヤ…

私の軌跡ー3-1

転機へのカウントダウン 再度、書くべし、書くべし、書くべし! もうね、いいよ、すっ飛ばして書く。 スタジオフリーは、1章後半で書く予定の、 わたくし妊娠中の、謀反劇によって、窮地に追い込まれておりました。 赤坂の事務所家賃は、バブルのまま、10坪…

私の軌跡ー1-3

ベンツとロレックス-1 さてさて、 驀進中のスタジオフリーの氏家は、 (写真中央 偉そうに、白い上下でブースを睨んでいる私) いつか、ベンツとロレックスが似合う女になってやろう!との野望を抱いていました。 とくに、ベンツ、それ自体が欲しいわけで…

私の軌跡ー5-3

ママ友カースト夏祭り 今日も、地元団地の広場で、 強制ではない全員参加全員お手伝いの、夏祭りが開催されているのでしょう。 グループ分けされた、夏祭り実行委員のメンバーは、 この数ヶ月、毎週に近い打ち合わせや、買出し、その他諸々、 おそらく、一昨…

私の軌跡ー2-4

日本沈没 父親です。 氏家翰道。 うじいえ ふみみち、と申します。 やはり、ふみ?とは読めない、パソコンで変換できない名前の持ち主です。 これは、正確に何年ごろの写真かはわかりませんが、 おそらく、 TVラジオの交通情報を、ヘリコプターで上を飛んで…

私の軌跡ー2-3

中学3年の夏 これは、中学2年生。 三人姉妹。 右は次女、左は三女。 これは、中学3年生。 あれ? なんだか、人数が違います。 ちびっちゃいやつが、増えておる。 そう。 うちの母親は、 こともあろうに、 私が中学3年生の夏、受験勉強真っ最中、 追い込み…

私の軌跡ー2-2

きっかけ はじめて見た。 自分の成人式の写真。 父親は、50年以上前から、カメラが趣味で、 外国製のへんちょこりんな形のカメラを、 いくつも持っていました。 自宅には、納戸を改造した暗室があり、 写真を撮っては、自分で現像していました。 いつも、す…

私の軌跡ー5.3-1

またかい! 2005年に17歳下の旦那と結婚し、2007年に長女が生まれました。 身体は大人、頭脳は子供。 江戸川コナンの逆バージョンな旦那の話。 いやいや、そりゃね、はるかに年下ではあるけれども。 多分、ずーーーーと、頭ん中、6歳ぐらいだと思う。 うち…

私の軌跡ー4.3-1

天国の門 こんな感じのね、 まあ、これはベルサイユ宮殿ですが、 もっと巨大な、 そう、スカイツリーか、サンシャイン60か、 ぐらいの、 とっても、綺麗な、金色の門の下から、 ただ、ぼーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー っと、 門を眺めていまし…

私の軌跡ー5-2

ママ友カースト 私は、冬が近づくと、夜空のオリオン座を探します。 子供の頃から、オリオン座がいて、今もいるからです。 そんな癖から、夜は星がでてるかな?と、ちょこちょこ見てしまいます。 写真は、そんないつもの日課で、空を眺めていたら、 めちゃく…

私の軌跡ー5-1

普通の定義 現在の小学校です。 懐かしい風景かな? また、いきなりワープして、平成時代にやってきました。 序破急の、「破」か「急」かを、先に書きます。 数年前、普通の主婦を目指し、普通に結婚し、普通に子供を生み、 普通にパートなんぞをしておりま…

私の軌跡ー2-1

戦うことを決めた日 いきなりワープします。 今日は、真面目な文体です。 私にとって、真面目な話ですので。 昭和40年代、小学校4年生~6年生の頃。 父親はよく長期の海外出張をしていました。 ソ連(当時のソビエト社会主義連邦共和国)であったり、韓国で…

私の軌跡ー1-2

軽井沢合宿模様とその頃 誰だ! 誰だ! 誰だーーーーー! ぴっちぴち。 元気いっぱい過ぎ。 写真はもっとありますが、ちと、お見せするには 点 点 点 ………… なぜ、立たされておる? 頭のはずのふたり。 蕎麦屋の女将さんに叱られたのか?「おのこしは許しまへ…

私の軌跡ー1-1

伝説の?女の子ばかりのデザイン事務所「スタジオフリー」 「スタジオフリーの氏家です。」 今日から、ブログ始めました。 どきどき。 私もどきどきですが、 このページをたまたま読んでおられ、 「あ!」と思われている方々。 大丈夫です。 もうすでに、30…