読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオフリーの物語

80年代を駈け抜け30年、ようやく過去の私と向き合う

私の軌跡ー1-6

1章 スタジオフリー設立~中期

獅子身内の虫 PART-1

f:id:indigoshake1357:20160724205222j:plain

これは、近所の公園のただのバッタです。

 

なんか、長文書くのめんどうになってきたから、箇条書きにしようかな。

 

えーーーと、

 

そう、

 

①スタジオフリーは、赤坂の事務所に移転しました。

 

②人手足りなくて、新聞広告で募集したら、100名を越す応募でくたくた。

 

③採用した7歳年上のバリバリキャリアウーマンが、会社を引っ掻き回した。

 

④引っ掻き回し<その1>・友達の野郎をつれてきて、勝手に自分たちの給料を決め、二人とも毎日新幹線で通勤しやがった。結果100万円の支出決定!

 

引っ掻き回し<その2>・でも、コンビは、新規取引先開拓したりと、売り上げは200万以上伸びたので、まあいいか、と許す私。

 

引っ掻き回し<その3>・私妊娠6ヶ月で、これまでの取引先とスタッフ全部引き連れて、赤坂に自分の会社をつくりやがった。

 

引っ掻き回し<その4>・外注先をコンビ子飼いの会社に統一しており、そこから1000万円抜きやがった。

 

引っ掻き回し<その5>・スタジオフリーは、臨月間近の私と妹だ、取引先ゼロ、売り上げゼロ、で出産することになった。

 

●長男誕生おめでとう!

 

 

おわり

 

 

そして、僕は途方にくれる~~~♪

 

途方にくれたまま、3章の幕開けへと続く。

 

おーーーーーー、ひとつ、線がつながったぜいいっ!

 

ちゃんちゃん♪