スタジオフリーの物語

80年代を駈け抜け30年、ようやく過去の私と向き合う

私の軌跡ー9-5

障害とは?

f:id:indigoshake1357:20160824072027j:plain

本人にとって困っている状況、状態。

周りが困っている状態、状況。

または、困ることが予想される状況。

(就学、就労、独立など)

 

最近ようやく、行政と教育現場に、

「情緒障害」がカテゴライズの仲間入りしてきた。

 

私が「ん?」と、思ったのは、

氏家家崩壊の危機前。

 

1994年前後かな。

 

母親の更年期障害と、

父親の長野オリンピック造成のための単身赴任あたりかな。

 

今から、22年前ぐらい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

①最初に知ったのは「パーソナリティ障害」

 

▼ボーダーと呼ばれる「境界性人格障害」

見捨てられ不安からくる奇異な行動、心配させる行動で注意をひく。

 

▼リーダーとして振る舞い君臨する「自己愛性人格障害」

手下、敵(ターゲット)を、悪口と思えないような諭し方で情報操作し、

自分が手をくださずに、他社同士の仲たがいを引き起こし、君臨する。

 

ほかにも、数多くの人格障害があるということ。

 

しかし、これは、二次障害である。

 

発達障害がもとであったケースが多く、

さらに、家庭環境から徐々に侵食されたもの、

アダルトチルドレンや親子共依存など。

 

また、両親どちらかの病気や怪我によるパワーバランスの決壊。

 

加齢による更年期障害や認知症。

 

事情は千差万別。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

②次は、「発達障害」

 

昔は、障害というと、

「身体障害」「知的障害」のふたつだけ。

 

いまは、これに「情緒障害」が加わり3つになった。

 

ほんと、数年前よ、ようやく。

だから、ぜんぜん役にたってないから、まだ。

 

親が自力で、サポートを捜しまわるのね。

 

とはいえ、特定疾患(主人は、PDD、ADHD、サルコイドーシス(膠原病みたいなもの)という難病、あと花粉症・w)も組み合わさるケースもあり。

 

でもさ、

 

文字にすると、えらくひどいイメージになるけど、

ただ普通にへらへらしてるかな?

私が「もーーーーっ!」と、普通にいばっているし。

 

そりゃーもーーー頭くるし、ぎゃーってなるよ。

 

お互いに。

 

そんで、娘はというと、

 

注意優勢型のADHD、PDD、協調性運動障害、外反偏平足。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

気がついたのは、娘が生まれて数日目。

 

今回は長男ときみたいに、母親に頼らず、自分で子育てするんだい!と、

決めておりましたので、

「りーちゃん、退院して大変でしょ?

私、ご飯つくりに、お手伝いにいくわ!」と、義母。

 

「よろしくですうう。」

 

と、退院し、、、、、

 

翌朝8時に「これから春日部でるわね。」と電話をもらいーーの、

お昼をとっくに過ぎ、14時ちょっとーーーーの、はらぺこ状態。

 

春日部から上尾って、5時間もかかったっけ?

でもま、結婚式の打ち合わせでも、毎回2時間遅刻の人たちだしなあ。

 

がちゃ、「お腹すいたでしょーーー!」

で、

持ってきたの、「オリジン弁当」、、、、、、、、、、。

 

でね、古いカーテンとか、浄水器とか、

育児本とか、子供の頭をよくする本とか、

いっぱい持ってきたの。

 

てっきり、ご飯作りから開放され、

 

ゆっくり、くつろぐ、優雅な産休満喫図!!!の絵が、

 

がらがら、がっしゃーーーーーーーーん!と音をたてて崩れましたの。

 

「りーちゃん、この猫がかじった座椅子、前から気になってたのよねーーー。」

「使わないカーテン洗ってきたから、縫いましょっ!」

 

と、4つの座椅子、3つはカーテン目測で、手縫いでちくちくちくちく、

縫いましたの。1つは義母。

「りーちゃん、あたし、目が見えないから、糸通しやって。」

と、糸とおしも100回ぐらいやったの、ちくちくもちくちくしながら。

 

はらぺこ、退院初日。

お産直後の、水仕事やら縫い物やら読書ってダメなんじゃ?

 

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、ちくちく。

 

はたと、たちあがった義母。

 

あーーーーーーー、びっくりしたーーーーーーーーーー!

 

「そおおおおおっ!

浄水器!もうね、水道の水だめよ。」

 

がしゃがしゃがしゃがしゃ。

 

ちくちくちくちく、、、、、

 

がしゃがしゃがとまって。

 

「んん?んんんんん?」

 

といっている。

 

どうやら、蛇口に浄水器がつけられないらしい。

 

ちらっと見たけど、見てないふり。

 

「んん?んんんんん?」

「んん?んんんんん?」

「んん?んんんんん?」

 

「んんんんんん・・・・・・??????」

 

「あかあさん、わたしやりますうっ!」

「いいの、いいの、あなたは生んだばっかりだから寝てて!」

 

「んんんんんん?」

かれこれ1時間経過。

 

我慢できなくなって、ちくちくダッシュで仕上げて、

浄水器5分で取り付けました!

 

「パッキン入れてないだけですから!おかあさん!」

とは、いわない。

まだ、猫かぶってる時代だったから。

 

 

ふううううう、ようやく、飯にありつけたのは、

夕方、、、、、、、、、。

オリジン弁当。

 

「あら、もう夕方?お父さんのご飯やんなきゃ!

夕方16号渋滞はまるから、じゃあね。」

 

オリジン弁当、ひとりでもぐもぐ、、、、

 

明日来るって電話きたら、断ろう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まだね、気づいてないの、

私が17歳も息子より年食ってるから、

嫌がらせかも?って思ってたの。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

いやいや、

 

その後の、息子の奇異な行動で、調べましたのよ。

 

「あ、、、ふたりともPDD、ADHDだ。」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

長くなったから、続きは今度ね。