スタジオフリーの物語

80年代を駈け抜け30年、ようやく過去の私と向き合う

私の軌跡ー3-11

ここで遭ったが百年目 <※フィクションとしてお読みください。>

f:id:indigoshake1357:20161115175836j:plain

私、冬の木って好きだと思わなかった、昔は。

 

さて、

 

B社での出来事の続き。

 

B社は、一応広告制作会社だった。

Sさんという、アル中歌ウマチーフデザイナー。

ダブルOさん社長、副社長の話。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

フィクションです、一応。

これを信じるか信じないかは、あなた次第!

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

その当時、

実家は、居心地が悪く、できるだけ居たくない私の事情。

 

お金が多分すきなOさんと、

山が好きなOさん。

お酒が好きなSさん。

デザインアシのNちゃん。

ライターアシのMさん。

カメラアシのTくん。

いろいろ、たくさん。

 

そこに、私がお金の匂いぷんぷんの、

T醤油社史、取材、編集、撮影、デザイン、印刷、製本、現物出来上がりまで。

とりあえず、1000万円の予算で、B社に持ち込みました。

 

そして、

お金と面白い展開すきなOさんは、

神戸から、Wさんという、

 

はんなりしていて、直球。

そして、ライター根性バリバリの、

私と同年代の女性を投入してきました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ふーーーーーーーーーーーーん。

 

面白いじゃない、

ケンカ買うよ!と、若気の至りの私の鼻息は荒く、

 

ライバル根性むき出しの女ふたり。

 

わははははははは。

 

その、はんなり根性女、Wさんは、

何とかして、私の上に立とうとする。

 

めんどくさい奴だな、やだな、ねちっこいな、

明石焼きは、あっさりしてるぜ???

 

なんと、B社の古いビルの4階の上の、

風呂なし(当然住居用じゃないから)

Pタイルのただの屋根裏に、

 

住み始めたのよ!!!!

 

風呂は????

 

飯田橋に風呂やあんの????

 

 

不思議だったんだけど、ま、いいや。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

でね、私はというと、

 

毎日、6時きっかりに飲みに行く、

アル中Sさんに、くっついて、毎日飲んだくれていました。

 

帰りは、はしごはしごでべろべろだから、

 

そのまま、Sさんの住む、目蒲線のどっかまでくっついて、

で、部屋入るなり、

ぐわーーーーーっと、

寝てしまっては、翌日、のそのそ同伴出勤、飯田橋。

 

 

笑える。

 

 

それに興味しんしんな、アシちゃんたち。

 

なんといっても、

Oさんと、明石焼きのWさんのリアクションが面白くって、

 

毎日毎日、続けちゃったのよ。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

飲んだくれ、はしご、目蒲線、ぐあーーーっ、同伴出勤。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

して、

 

明石焼き女Wさんに、

山好き登山家Oさんは、Iさんという、編集アシスタントをつけ、

 

私は負けじと、

お洒落で、ナチュラル、美人の3拍子そろった、

友人の友人のOさんという女性を、

名古屋から呼び寄せて、投入。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

なんか、試合見たいね。

 

なにしろ、つわものを、投入、投入、投入、投入。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

して、無事かどうだかわかんないけど、

 

半年ぐらいで、T醤油の社史出来上がったの。

 

その頃、代理店で中に入ったB社。

 

社史1000万円からの、

 

わたしのパッケージデザイン全部リニューアル、

代理店に入りたいって。

 

でね、ビルの3階改装して、でっかくして、

開いた4階に、

 

明石焼き女と、アシスタントIさん。

私と、名古屋美人Oさんをね、

 

折半で、借りろって、そこの家賃払えって。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

ま、まだ予算あるし、いいかあああぐらいの気持ちで、

 

ひとまず、借りの場だった飯田橋が、

私ら4人の、よくわかんない事務所になって、

ビジネスホンひいて、

組織っぽくなったわけ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

いよいよ、私の出番のパッケージ!

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ここで、はたと気がつく。

 

アル中Sさんは、パッケージデザイン未経験だし、

広告をやらせろ、と威張りはじめた。

 

アル中だから。

 

んんんんんんん、、、、、

 

しかたねーや、パッケージは外注使おう!

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

B社の、お金好きなOさんは、

これまでの人脈さがしまわって、

 

「氏家さん!!!!いいとこあった。0月0日の00時に呼んだから!」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

当日。

 

神妙に待つ、明石焼き女と、私。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

「失礼いたします。」

 

 

 

 

と、B社の3階の会議室に入ってきたのは、

 

 

 

ここで、遭ったが百年目の、

 

私をぽいっと、放り出した、

 

流通大手のD社のデザイン全部かっぱらった、

 

G社(憎っくきA社長の腰ぎんちゃく)の営業Yさん、

 

あんど、

 

昔私が集めたデザイナーの面々。(○○○税理士うりゃーーのKちゃん)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

いやいやいやいや、

 

 

びっくりしたわあ、パッケージデザインの世界って。

 

 

狭いっていうか、馬鹿なの?

 

 

 

続く