読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオフリーの物語

80年代を駈け抜け30年、ようやく過去の私と向き合う

私の軌跡ー4.3-2

#.3章 天国の門

瓢箪から結婚式ー②

f:id:indigoshake1357:20170211205213j:plain

 

岩槻だったか、春日部だったか、

 

忘れたけど。

 

どっかの日本料理やの個室。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ただの食事会。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

「はじめましてーーーー。氏家と申します。」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

何か美味しいもん、お腹すいたわーーー。

 

だって、お袋さんと親父さん。

 

一時間も遅れてくるんだもん。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ぐうううう、きゅるるるるる、、、。

 

腹減ったああああああ。

 

 

な、私。

 

 

はよ。飯。

 

なんか、飯。

 

腹減ったああああああ。。。。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

「で、、、結婚するってことで、いいんですか?」

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

親父さん。

 

何か、言った?

 

今、

 

何か言った?

 

 

腹減ってるの、私。

 

もうね、お腹と背中がひっつくの、私。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

「はい、いいっす。」

 

めーし、めーし、めーーーし。(頭の中)

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

で、小鉢から、

 

ちんまりした、

 

腹に満たない、

 

ちんまりが、でてきて、

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

あれ?

 

 

メインは?

 

 

てな時に、

 

 

 

稲庭うどんが出てきた。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

何だとーーーーーーーーーーーー!!!!!

 

 

肉か、魚だろう!

 

 

普通、メインは肉か、魚。

 

 

なして、

 

 

稲庭うどんなんじゃーーーーー!!!!!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

「あら、うどんんんんんん??」

と、お袋さん。

 

 

「硬いわね。うどん。硬くない?」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

そこじゃねーーーだろ!

 

メインは、粉もんじゃねーーーーー!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ふと、

 

我にかえる。

 

 

、、、、、、、、、。

 

??????????

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

あのう、結婚って言われたような?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

「奴」は、うどんうめーーーって、

 

うめーーーうめーーー、

 

 

うどんで、ご満悦。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

「でね、りーちゃん。」

 

「うち互助会はいってるから、そこでいいわよねええ?」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

あああああああ。

 

 

やっぱり、結婚っていってたんだわあああああ。

 

 

でも、初対面の外面で。

 

 

 

私「はい、お願い致します。」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

一週間後、

 

 

どどーーーーっと、

 

 

結婚式場パンフレットもらったの。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

そして、

 

 

 

ふと、気が付くと、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエディングドレス着た私が、

 

 

父親と腕を組んで、

 

 

浦和の結婚式場で、

 

 

バージンロードを歩いていた。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

17歳年下の、

 

保険外交員に悩む

 

「奴」と。

 

結婚していたの。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

不思議だけどさ。

 

間髪入れず、

 

腹減った私に、

 

「結婚するってことでいいんですか?」

 

 

の、

 

 

多分、プロポーズは、

 

 

親父さんのこの台詞だわ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

私、、、、、、、

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

今、2017年、現在。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

そのときと、同じように、

 

 

北上尾の

 

 

studiofreeの

 

 

出来上がりつつある、

 

 

好きなものに囲まれた、

 

 

店舗付き住宅、

 

 

秘密基地。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

同じだ。

 

 

不思議だ。

 

 

んんんんんんんん?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

憧れていた、

 

 

自分の空間に、

 

 

「人生って面白いじゃねーーーか!!!」

 

 

って、やや右上45度くらいの、

 

やや俯瞰から、

 

 

自分を見下ろしている。

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

上尾プロジェクト。

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

 

まもなく、完成する。

 

 

 

続く