スタジオフリーの物語

80年代を駈け抜け30年、ようやく過去の私と向き合う

私の軌跡ー5-6

肩書き

f:id:indigoshake1357:20170706182357j:plain

もうすぐ届く、NECTOR

 

いやさ、

その人を表すものって、何?

 

群れると、そこに社会が生まれ、弱者と強者の差がでる。

 

たとえば、

会社組織。

 

小さかろうと、大きかろうと、

「社長」は、とりあえず偉い。

 

学校法人。

「校長」「園長」は偉い。

私立だと、そこに「理事長」とか、「大株主」も偉い。

「教授」も偉い。

 

偉いってなによ。

 

 

偉い、、、、金田一先生に聞いたとしても、

 

私的に、本質はわからないまま。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

人間、寿命宣告されたらさ、

 

例えば、あと数ヶ月とかね。

 

あと、大震災で雨に濡れながら、

かんかん照りのなか、じっと耐える。

 

こういう場合に、

 

偉いってなによ。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

うちの、母親が、ショッチュウ言ってた。

 

 

「食べ物商売は、食べるものにはこまらんね。」<九州弁>

 

 

そう。

 

 

私も今、究極の選択をしなくちゃいけない身。

 

 

生きるってなによ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

癌宣告は、ちょっと????

 

どういう気持ちで表現したらいいか、

 

わかんないけど。

 

数年前、

 

離婚した主人も癌宣告された。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

会社の定期健診でひっかかって、

 

で、

 

肺に移った影。

 

 

要精密検査。

 

 

MRIで見た、肺の中央にこぶのようなものが。

 

 

「うーーーーーん、これは肺がんの可能性高いね。」

 

 

えええええええええ!!!!!!!

 

 

まだ、30代、若すぎる!

肺がんじゃ、進行早いぞ!

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

でも、国立癌センターで、PETやらなにやら、

 

とにかく、あらゆる検査。

検査。

検査。

検査。

 

数十万円、吹っ飛んだ!

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

まあ、結果は、癌ではなく、

免疫系の難病「サルコイドーシス」ってやつ、

 

ほっ。

 

とりあえず、死にはしないのね、

 

良かったーーーーー。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

このとき、

 

癌にめちゃ詳しい、絵描きの叔父に、

あれもこれも、たくさん聞いた。

 

どれも、医者のどの先生よりも、

 

なんの検査もなく的確な答え。

 

叔父の診断は「サルコイドーシス」だったのだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

このとき、

 

癌について、

 

私もオタクの血が騒ぎ、

 

あらゆる本を読みまくり、

叔父に聞きまくり。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

癌細胞は、

 

実は毎日毎日、

 

体内のどっかしらに、

 

ひとつやふたつ、ほとんどの人間には

 

できていて、

 

それを、攻撃する免疫軍!

 

まあ、NK細胞やら、いろいろ。

 

とにかく、全員、知らないうちに、

 

癌ができては、やっつけ、

癌ができては、やっつけ。。。。。

 

 

そうらしい。<叔父談>

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

私が、共生しようときめたのも、

 

ここ。

 

確かに検査にはお金かかったし、

 

今回、この件から、

 

癌の嫁はいらね!と、ぽい捨てされたのかも。

 

 

一応、取れるところは取ったしね。

 

たださ、

 

79歳まで、住宅ローンを嫁に払わせようとの魂胆がみえて、

 

こいつら、

 

私の肩書きは、

 

「家政婦兼ATM」だったらしい。

 

 

ばかみたい。

 

ーーーーーーーーーーー

 

発達障害持ちの、元旦那。

 

あああああああ、頭くる!<仕方ない発達障害だし>

 

あああああああああああ もう無理<仕方ないATMと思おう>

 

 

いやいや、

 

私がATMでした。

 

 

笑うね、自分を。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

だから、

 

自分で切れるとこ、ちびっと切って。

 

そりゃもう、抗がん剤とかさ、

 

あれやこれや、すすめられたよ。

 

お金かかるやつ。

 

ーーーーーーーーー

 

でもさ、

 

知らなかったら、何もしなかったと思う。

 

手術さえ。

 

普段行かない、健康診断なんかに行ったから、知った。

 

ーーーーーーーーーー

 

 

癌は毎日できている。

 

自然細胞ではない攻撃には、猛烈に反発するらしい。<叔父談>

 

だから、増殖する。

 

 

知るということは、

 

保身か、命乞いか。。。。

 

余命を知ってどうする。

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

 

だから、究極の選択をした。

 

 

私は、癌じゃない!

 

癌は治ったといい続ければ、

 

きっと脳が反応するはず!

 

 

脳が反応したから、

 

ついこの前まで、

 

とおりがかりの主婦Aが、

 

スタジオフリーの氏家です!

 

と、

 

このブログの冒頭の台詞にリンクできた!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

でも、言い残したこと。

やり残したこと。

やりたかったこと。

 

いろんな挑戦。

 

子供が独立できるまで、死なない。

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

生死以上に、

 

 

肩書きとか、

 

なんかのパワーバランス、、、

 

 

意味ないよ、55歳には、と思う。

 

 

20代だったら、頑張れ!って思う!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

数名以上が集まると社会ができる。

 

 

このパワーバランスと癌。

 

 

私は、自分流に発言するし、

 

このブログも、

 

 

君たちの母親はこうやって、生きてきたし、

悩んだし、

みっともないことも、

たまには、偉くなったこともある。。。

 

 

これを残すことが目的。

 

 

だから、

 

FBデビュー1年目の今日。

 

1年前に、一旦、引っ込んで、ブログ先行して書いたのは、

 

こういう理由。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

とにかく、

 

ひとりでもいいから、

 

自分で自分を信じて良い。

 

いい顔してたって、嫌われるときは嫌われる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

何かの統計でみた。

 

30%は、あなたの事を好き。

 

30%は、あなたの事がきらい。

 

残りの40%は、どうでもいいと思っている。

 

 

 

人間の社会、これで成り立っているらしい。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

だから、好かれる努力より、<大きいものに巻かれる>

 

救う努力をしてほしい。<鶏頭牛尾>

 

嫌われて普通だからさ、、、と、子供に言っている。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

みんな、

 

死ぬときは、

 

肩書き関係ないよ。

 

天国の門は綺麗だったよ。

 

 

続く