スタジオフリーの物語

80年代ホップ、2017年ステップ、NOW。

SOHC-1-3

西武とか

f:id:indigoshake1357:20161108035415j:plain

桁の話でしたがね。

 

そうそう。

 

例の面接、未受験っていうかね。

もう、

心が折れちゃて。

 

あああ、

ひとまず、

バイト先が、何たって就職情報誌の広告代理店だったからね。

 

もうね、

印刷前に、募集分かっちゃうもんだから。

だって、

私が鉛筆で書き書きしてるんだもの。

 

就職情報とかリクルートとか。

 

今でこそ、リクルートって普通の言葉だけど、

昭和50年代は、

リクルートといえば、

就職情報誌のことだったのね。

 

しかも、お金出して買うの。

 

そのあとは、ニュース賑わして、

ピッカぴっかのでこぼこビルのイメージかな。

 

まあ、いいや。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

で、とりあえず、

 

高田の馬場にある、小さな出版社に就職したのよ。

 

あやしい名前、

NLP企画。

 

なにそれ。

 

幼稚園の先生とか、保母さんとか、

何しろ、幼児教育を目指す学生のための情報誌

 

ひとよんで「ダイアローグ」

 

なにそれ。

 

とにかく、そこに入ってね。

 

営業やらされたのよ。

 

「制作スタッフ募集」なのに。

 

で、

 

編集長から、どさっと、

10名くらいいた新人営業マン、営業ウーマンに、(私も含む)

 

分厚い黄色い電話帳と四季報を渡されて。

 

ひとり、1冊ずつ。

 

で、

 

「んんんん、あなたは食品とね、車。」

 

「電話帳で大手一部上場企業の、宣伝部が広報部に電話して!」

 

っていうの。

 

「は?」

 

「して、出たら、喋り捲って、

とにかく担当者の名前聞いてアポとって!ってつーの!」

 

この編集長、いつも、語尾が「つーの!」なの。

 

「で、アポとったら、企画書書いて持ってってってつーの!」

 

あの、「つーの!」は何弁ですか?ってつーの。(私の頭ん中)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

でもね。

 

意外にさ、

 

アポとれたのよ、その時代。

 

若い女の子(いちお当時20歳)から電話くると、

 

鼻の下伸ばして、

課長クラスが会ってくれたのね。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

で、

 

運命の、、、、、、

 

M製菓株式会社の健康産業部の

 

N原課長に会ったわけよ。

 

 

鼻の下は、普通でも長い人だっだけどね。

 

で、広告モノクロ表3、1ページ、

半年契約で、30万円×6=180万円を取っちゃったのねえええ。

 

まあ、私には、入るわけじゃないし。

 

たださ、

 

「おまけ」が凄かったの!!!!!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

「君さ、ちょっと時間あったら、お茶飲まない?」

 

って言われて、

 

「は、はい。」

 

「どこの学校出たの?」

 

なんて、世間話かあああと思ってたら、

 

 

「ムサビ?」

 

「じゃさ、今度新しく出す本のマークデザインして持ってきて。」

 

って言われたから。

 

「は、はい。」

 

って、翌週ぐらいの、版下取りに行くとき、

 

マーカーで描いた「赤カブ」みたいな、

ハートの赤カブみたいなの、

描いて持って。

 

 

「おう!いいじゃない!」

 

 

「採用!」

 

 

「じゃ、請求書に名前必要だから、とりあえず名刺作って、、、」

 

 

と、

 

 

とんとんとん。

 

 

と、

 

 

階段が、、、、、。

 

 

 

杉並区鷺宮、、、コーポアザレア103と。

 

名刺100枚つくって、請求書を文房具やで買って。

 

 

「んんん、じゃーーーねーーーー。25。」

 

 

なんちゃらマークデザイン料 25万円って書いて。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

はあああああああああああああああああああ????????

 

 

ってくらい、驚いた。

 

だって、

 

ハートの赤カブ、

 

2cmくらいの、マーカーでちょろって描いたの。

 

にじゅうごまんえんんんんんんん??????

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

「いや、君ね、D通だったら、これ、桁002つ違うよ。」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

そして、気に入られ、

 

 

私の軌跡1-1」へ繋がるのでした。

 

 

 

その年、つーの!のNLP企画をやめて、

 

「デザインスタジオフリー」が、

 

鷺宮のアパートにできたってわけ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

でも、このNLPに、おもしろい人いっぱいだったから、

 

 

私の軌跡1-1」に行っても良し、

 

NLP話の続き、こっちの続き行っても良し。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

そして、どっちかに続く

 

 

あ、西武とかだった、たいとる。

 

ま、次だね。