スタジオフリーの物語

80年代ホップ、90年代ステップ、2018年NOW !

私の軌跡ー<時系列まとめ>

f:id:indigoshake1357:20180607073651j:plain

 

 

クリックで、ページに飛びます。

 

2章<生い立ち~20代> ▼1960年代~1980年代前半

 

2-1----------戦うことを決めた日

2-2----------きっかけ

2-3----------中学3年の夏

2-4----------日本沈没

2-5----------愛と誠

2-6----------誤解が誤解を呼ぶ、中3修学旅行事件

2-16---------高校受験

2-7----------高校入学初日

2-8----------高校生活

2-9----------夏休み

2-10---------清水美術研究所1

2-11---------清水美術研究所2

2-12---------媚びる女

2-13---------初めての一人暮らし

2-17ーーーーーーーーー19歳の夏

2-14---------マイノリティ

2-15---------事実婚と夫婦別姓

 

 

1章<スタジオフリー設立~中期> ▼1980年代前半~1990年代前半

 

1-1----------伝説の?女の子ばかりのデザイン事務所スタジオフリー

1-2----------軽井沢合宿とその頃

1-3----------ベンツとロレックス1

1-4----------FITの休刊

1-5----------使命感と損得の表裏一体

1-6----------獅子身内の虫 PART1

1-7----------ベンツとロレックス2

1-8----------ガラパゴススタジオフリー

1-9----------YOU'RE FIRED

 

 

3章<スタジオフリー崩壊までの話> ▼1990年代前半~1997年 

 

3-1---------ー転機へのカウントダウン

3-2----------パッケージデザイン

3-3----------崩壊とメタモルフォーゼ1

3-4----------崩壊とメタモルフォーゼ2

3-5----------崩壊とメタモルフォーゼ3

3-6----------崩壊とメタモルフォーゼ4

3-7----------崩壊とメタモルフォーゼ5

3-8----------崩壊とメタモルフォーゼ???

3-9----------フリーランス

3-10---------JAGDA

3-11---------ここで遭ったが百年目

3-12---------ほんの出来心

 

 

4章<自我の崩壊~再生> ★1997年~2005年

 

4-1---------言葉の威力と、いやだと言える勇気

4-2---------成功と幸福

4-3---------別離

4-4---------キャラクター

 

 

5章<名前、役割、派閥、組織> ▼2013年 娘小学校入学~低学年

 

5-0----------名前

5-1----------普通の定義

5-2----------ママ友カースト

5-3----------ママ友カースト夏祭り

5-4----------労働災害とか

5-5----------何故スペースが必要か

5-6----------肩書き

 

 

ランキングに参加してみました!

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

私の軌跡ー5-15

Vision Seeker by Nicole Piar

f:id:indigoshake1357:20181023174429j:plain

 

今、スピリットキャットオラクルカード48匹のリライトというべきか、

 

改訳というべきか、

 

この1年半、幸か不幸か、

 

時間を、魔法やタロットや、心理学などに時間が使え、

 

私は、今回の「スピリットキャットオラクルカード」の日本語解説ではなく、

 

しっかりとした「ガイドブック」にするために、

 

ニコルの13日間のクエストを翻訳している。

 

 

--------------------------------

 

 

ここで、初っ端からの気付き。

 

 

あ!

 

 

Path という単語を、単なる交差点ととらえてはいけないんだ!

 

 

と、二重の意味を持つことに、驚愕した。

 

 

 

--------------------------

 

 

 

そう。

 

 

 

近頃ね。

 

 

 

タロットリーダーの勉強に勤しんでみたり、

 

魔法の学院に入学して、真面目に魔術=ヘルメス学を学んでみたり、

 

はたまた、

 

ツイッターにいらっしゃったのね!とばかりに、

 

フェイスブックでは、なぜか、出会うこと知ることができなかった、

 

国内唯一の魔女「ヘイズ中村さん」の講義を受けに行こうと模索中でね。

 

 

 

日本人で、学びたい!!!!!と、思ったのは、ヘイズさんだけなのですよ、

 

偉そうに聞こえるかもしれませんが、多分、こういう、勘は働く私。

 

 

 

----------------------------

 

 

そのニコルのクエストの前書き的なところで、

 

 

あ!

 

 

このパス(Paths)は、アストラル界の「パス」の意味を含んでいる!と、

 

 

すぐさま、気が付くことができて、

 

 

あああ、

 

 

だめ、48匹をもう一度、改訳しなけれれば!と、思ったという結論に!

 

 

 

-------------------------------------

 

 

 

ニコルのクエストは、

 

 

実は、

 

 

ものすごく奥が深く、

 

 

13章あっても、13章で終わらないと思う。

 

 

間違いなく。

 

 

ガイドブックの範疇を超えて、

 

 

他の一般的なタロットとの組み合わせも可能なことから、

 

 

私は、

 

 

これは、付録的なものではないと、確信している。

 

 

 

-----------------------------

 

 

 

それにしても、

 

 

 

日本は、何故、この分野に疎いのでしょうか?

 

 

 

続く

私の軌跡ー5-14

香り

f:id:indigoshake1357:20181018143241j:plain

ニコル・ピアさんが好きな、アメジストのポリッシュタンブル。

<ニコル・ピアさんより>

 

 

再び、「私」が目覚めた。

 

 

私が好きだったもの。

 

私が好きだった人。

 

私が好きだったフォルム。

 

私が好きだったカラー。

 

私が好きだった香り。

 

 

 

-------------------------------------

 

 

 

先日、A市主催の「ワールドフェア」へ。

 

 

 

いや、もう10年前から、開催されていることは知っていたの。

 

 

 

行かなかった理由は思い出せないや。

 

 

 

ともあれ、行ってみた。

 

 

 

------------------------------------

 

 

 

そこで、物販コーナーにあった「エジプト」ブース。

 

 

どうしてだか、

 

 

私は、エジプトに惹かれるのだ。

 

 

これにも理由はない。

 

 

でも、好き。

 

 

 

---------------------------------

 

 

そこには、エジプトらしい雑貨が並んでいて、

 

 

娘はネックレスを購入。

 

 

普段は、大抵、ふふん、と通り過ぎてしまうような陳列の中に、

 

 

シールで色分けされた小瓶が並んでいた。

 

 

「あ、それは、香水です。」と、案内の女性。

 

 

ひととおり、5種類の香りを試したなかで、

 

 

 

 

「あ!」

 

 

 

懐かしい。

 

そして、探していた。

 

海外旅行に、あちこち出掛けていた20代。

 

 

空港や現地で、ふんわりと香る、この外国女性の香り。

 

 

----------------------------

 

 

 

これを、見つけた。

 

 

 

--------------------------

 

 

 

これまでも、香水にはこだわりがあって、

 

 

特にバブルを知っている同い年では定番の香り、

 

 

シャネル、ディオール、あれこれ。

 

 

私は、当時の彼から、バースデイプレゼントにもらった、

 

 

資生堂のノンブルノワールという、パフュームがお気に入りだったのだけど、

 

 

やっぱり、海外で香る、芳しい香りとは違う。

 

 

 

-----------------------------

 

 

 

あああ、神様。

 

 

 

何故、このような、加齢の私に、ここで、この香りに出会わせたのですか?

 

 

 

でも、この香りを纏っているだけで、多幸感に浸ることができる。

 

 

 

とても、幸せな香り。

 

前向きになれる、香り。

 

 

 

幸せだ。

 

 

 

続く

 

 

私の軌跡ー5-13

「魔女」という名で56で

f:id:indigoshake1357:20181013075952p:plain

Spirit Cats Oracle Card "Star Gaizer"

 

昔から、「何か」を知りたくなったとき、

 

「これこれこうですよ」と、教えてもらうという選択肢がなく、

 

電車乗る、電話する、本人に会う、図書館に行く、博物館に行く、

 

 

 

 

とにかく、出来得るあらゆる手段で、

 

自力で調べて納得しなければ、気がすまない。

 

 

 

 

そして、

 

2008年に「数秘術」から始まった、私の「何か」は、

 

「魔女」と「魔術」に行き着いたのだった。

 

 

 

、、、、、、。

 

 

 

あんた、56歳で、何言ってんの?

 

 

ちょろっと、人に話そうものなら、

 

 

「ハロウィンだから忙しくなるね!」と、真面目に受け取ってもらえない。

 

 

 

 

ま、そんなもんでしょ。

 

 

 

昔むかしから、こういう場合は、変人奇人扱いされるのは世の常じゃ。

 

 

 

 

--------------------------------------------

 

 

 

 

と、そんなことより、

 

 

 

 

県営住宅の中には、光回線が引けない物件があるってこと、知ってた?

 

 

 

私は知らなかったわ。

 

 

 

この時代に、光ケーブルを引いてはいけないだと????

 

 

 

新しく建った物件には、当然内部に回線が仕込んであるらしく、

 

 

 

ちょっと昔の物件では、ホームタイプで引く場合の、

 

 

 

 

工事をしてはいけません!

 

 

 

という決まりごとがあったのだ。

 

 

 

もう、困った困った。

 

 

 

唯一、担当者からこれこれこうしたら?と言われたのが、

 

 

 

「じぇ○○○mでしたら、配線してありますので、

そこでインターネットができますよ。」

 

 

 

あ、そうですか、そうします。

 

 

 

と、

 

 

 

普段は、「これこれこうしなさいよ」が嫌いな私だのに、

 

 

 

なぜに、じぇ・なにがしに、しちまったんだろうねええええ。

 

 

 

-----------------------------------

 

 

 

いやはや。

 

 

マスオさんも「どひゃー」とびっくりするぐらい、

 

 

 

 

 

遅い

 

 

 

 

無理。

 

仕事以前に、

 

立ち上がるまで、数分。

 

 

「立て!立つんだ!ぐーぐる!」

 

 

 

--------------------------------

 

 

 

この一週間ほど、

 

 

PCがK.O.されて、

 

 

立ってくれないので、

 

 

スマホで、ぽちぽちやっていたという、、、、

 

 

 

 

 

------------------------------

 

 

 

 

 

ある夜、気付いた、魔女(見習いのぺーぺー)。

 

 

 

 

 

----------------------------

 

 

 

 

softbank Air

 

 

 

 

馬鹿じゃないの?

 

私、馬鹿じゃないの?

 

使ったことあったよね、私さ。

 

 

 

--------------------------------

 

 

 

すかさず、申し込んで、さくっと数日で届いた、

 

 

 

白い直方体。

 

 

 

 

-----------------------

 

 

 

 

あああああああ、

 

 

速いわ。

 

 

てか、

 

 

普通でしょう。

 

 

 

 

-----------------------------

 

 

 

あのさ、お前さ、一般人からの、

 

 

 

「これこれこうしたら」は聞く耳もたないはずじゃないのかい?

 

 

 

キャンペーンの、Wowwowにも、入っちゃってさ。

 

 

入ろかどしよか、やめよかな、って入っちゃってさ。

 

 

 

---------------------------------

 

 

 

 

め、め、めんぼくない、、、、。

 

 

誰に、めんぼくないか、わかんないけど。

 

 

 

 

-------------------------------

 

 

 

 

とにかく自分で考えよう。

 

 

 

 

そう、

 

 

 

、冷静に、自分で考えよう、、、、、、

 

 

 

 

、、、、、、、、、。

 

 

 

 

 

魔女子の夢は夜ひらく。

 

 

 

 

 

 

 

続く

 

 

私の軌跡ー5ー12

ニコルとスピリットキャットたち


f:id:indigoshake1357:20181012161658j:image

2017年までを、すべてリセットすべきだと、

 

ほんの昨日か、一昨日、ブログに書いた。

 

これからの人生の終盤、

 

もう、振り返るのはやめようと。

 

------------------------------------

 

だけど、

 

どうしても、捨てられない、

 

どうしても、愛着がありすぎて、

 

どうしても、中途半端で終わりたくない、

 

愛くるしい猫たち。

 

 

スピリットキャット

 

 

------------------------------------

 

 

 

そんなとき、

 

 

それを、知ってか知らずか、

 

 

懐かしいニコル・ピアさんから、

 

 

メールが来た。

 

 

---------------------------------

 

 

これを、また、偶然とは思えない私。

 

 

2017年、怒濤のアップダウンの中、

 

 

私とニコルは、戦友のようでもあり、

 

 

しかし、温度差もありながら、

 

 

一旦、日本での販売を保留せざるを得なく、

 

 

ニコルも私も、イライラしていた。

 

 

----------------------------------

 

 

あああ、地理的な距離と、

 

感情的な距離と。

 

どうにもできない自分が不甲斐なく、

 

ニコルに申し訳なかった。

 

 

------------------------------

 

 

アマゾンでは、

 

 

何万円ものプレミアがつき、

 

 

スピリットキャットの中古品が鎮座している。

 

 

それを、苦々しく思いながらも、

 

 

その先へは、まだ進むことができない。

 

 

------------------------------

 

 

 

そんな時間が半年以上過ぎ、

 

 

この7月に、私の環境が劇的に変わった。

 

 

大きな流れ、それも巨大で力強く優しい。

 

 

これまでに味わったことのない力。

 

 

 

 

もう、終わりかけていた希望が、

 

私の前に現れた。

 

 

----------------------------------

 

 

そして、ほどなく、

 

広い間取り、期限のない住まい。

 

光が溢れる室内に、私は立っていた。

 

 

 

 

生気を失っていたクリスタルも、

 

痩せ細ってしまった猫たちも、

 

一斉に輝き始めた。

 

 

-------------------------------------

 

 

ニコルは、やはり日本が好きなようで、

 

 

YouTubeでオラクルカードの開封をしている日本人や、

 

 

アメリカの、巨大ハンドメイドサイトETSYショップ経由で、平行輸入する日本人。

 

 

でも、

 

彼らは、アーティストではない。

 

これまで、二人で夢を語ったような、

 

クリエイティブな話をもっとしたかったのかもしれない。

 

 

「私の13日間のスピリチュアルジャーニーとメディテーションと、あなたが翻訳したもので、日本語ガイドブックにしよう!」

 

 

と、再び夢を与えてくれた。

 

 

「うん!そうしよう!」

 

 

2017年に意気投合し、あっという間に、大旋風を巻き起こした、奇跡のスピリットキャットたちは、

 

2018年の最後から、翌年にかけて、また大旋風を起こすのだろうか?

 

 

まだ、ブログには書くことができない、新しい夜明けは、きっと2019年の私たちを楽しくしてくれるに違いない。

 

 

--------------------------------------

 

 

砂金を掬うように、

 

 

 

すべてのリセットから、

 

 

 

キラキラした一粒の金の砂が、

 

 

 

私の掌に残っていたのだと思った。

 

 

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

私の軌跡―5―11

上のごとく、下にもある。


f:id:indigoshake1357:20181010182745j:image

ひとつの物事をやり終える。

 

嬉しさと、不安。

 

もう、これ以上を望んではいけないと思う。

 

人生の、振幅は、振り切ったのだ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

そして、

 

昨年までの出来事のすべては、

 

もう、

 

やらないと決めている。

 

それでも、

 

一抹の寂しさを拭いきれない。

 

すでに、新しい分岐点を通過したのだから。

 

そこには、戻らない。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

そう、決めてかかることはないんじゃないの?と、

 

普通の人は、言う。

 

 

-----------------------------------

 

 

この人生の終盤。

 

 

必要な人、物、事。

 

 

見えている。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

本当に必要で、

 

本当に大事なものは、何?

 

 

------------------------------------------

 

 

それは、

 

 

 

目の前にいる

 

 

目の前にある

 

 

 

-----------------------------------

 

 

私は、大人の始めに見てしまった、

 

 

人が昇ろうとする先にあった世界。

 

 

世の中は変わらないだろう。

 

 

昇らずして生きるには、

 

 

一番シンプルな役割を果たそう。

 

 

----------------------------------

 

 

第一は、子どもたちが、自分の足で生きていけるように。

 

第二は、支え続けてくれた猫たちを、見送ろう。

 

第三は、この世の奇跡、アポローンとアルテミス、生きる喜びを証そう。

 

 

上のごとく、下にもあるのだ。

 

 

すべては、この中にある。

 

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の軌跡ー5-10

こわくない魔女

f:id:indigoshake1357:20180916185425j:plain

ヱヴァンゲリヲンの使途のような、なに輪?

 

 

いや、ブログを書いてる場合ではないのだ。

 

と、言いながら、はてなダッシュボードに向かってしまった。

 

 

-----------------------------------

 

 

脳の神経細胞の電子運動は、光より速いのか?

 

 

少し、夢を描いてしまった、私。

 

 

だって、40年以上も前に、時間旅行をしたんだもの。

 

 

これを、立証したくて仕方がないんだけども、

 

 

そう容易く、理数系が全くもって駄目な私が、

 

 

アインシュタインだって、びっくりするような、数式を見つけられるはずはない。

 

 

--------------------------------------

 

 

だけど。

 

 

私は「魔女」だ!

 

 

正確には、「魔女」試験まで、あと1年という、ハーマイオニー

 

 

いやいや、そんなに若くはない。

 

 

ともかく、

 

 

魔法のような、SFのような、タイムとリップと、テレパシーを、

 

 

 

実体験してしまったのは、ホント。ホントのホント。

 

 

 

-------------------------------

 

 

 

となると、人間、必要なものと、そうでないものが、

 

 

はっきりと、見えてしまうらしい。

 

 

これまで、経験したことのない、大衝撃、大爆発は、

 

 

人間関係のなかの、細かくでどうでもいいものを、

 

 

みごとに吹き飛ばしてしまった!

 

 

-----------------------

 

 

 

あっぱれ!

 

 

 

------------------------

 

 

 

それからというもの、

 

 

ぐちゃぐちゃに絡まった糸やら、紐らや、

 

 

どうやって解こうかと、四苦八苦していたのが、

 

 

その、塊ごと、ぽいっと、捨てちまったってわけね。

 

 

----------------------------------

 

 

もう、怖くはない。

 

 

あいつが、いかに嫌いであろうと、

 

 

あの野郎が、影でこそこそ悪口を言っていようと、

 

 

グループデートで、殺人ドキュメンタリーを観るはめになっても、

 

 

 

トラウマというトラウマ、全部、吹っ飛んだ!

 

 

 

あれも、これも、離婚も、なにもかも。

 

 

 

---------------------------------

 

 

 

もうね。

 

 

どうでも良いの、よかよか、好きんしゃんさいい。

 

 

 

それだけ、深層意識にあった爆発だったのだと思う。

 

 

 

--------------------------------

 

 

 

思春期の恋は偉大だ!

 

 

 

と、思う56歳の、初秋。

 

 

いい年して、とお思いでしょうが、

 

 

いい年だからこそ、わかったんだよ、感動したんだよ。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

 

 

私の軌跡ー5-9

愛と言葉と、魔女

f:id:indigoshake1357:20180916065912j:plain

クリムトの「生命の樹

 

 

 

 

今、悩んでいる。

 

 

悩んでいるといっても、良いことに向かって悩んでいる。

 

 

ピンチに向かって悩むときは、即決できるんだけれども。

 

 

ううーーーーんんん。

 

 

--------------------------------------

 

 

どうしてだか、わからないけど、

 

 

こっちいきなよ!って、自分がいうの。

 

 

絶対、面倒に巻き込まれたりね、不条理だったりね、

 

 

下手したら、逆恨みされて、危険かもしれないんだけどね。

 

 

そうだよ、これまでだって、そうだったじゃない!

 

 

-------------------------------------

 

 

でも、

 

 

今はね、どっちも選べるんだよ。

 

 

安穏と自分の趣味で終わらせることも。

 

 

それとも、おせっかいな、おばちゃんになるのか。

 

 

私の中の「私」は、言うの。

 

 

40秒で支度しな!(ドーラ・天空の城ラピュタの女海賊)

 

 

---------------------------------

 

 

頭でごちゃごちゃ考える余裕があるから、なんだろうね。

 

 

40秒じゃ、行くしかないじゃん、こう言われたらさ。

 

 

そんな、ドーラが私の中にいる。

 

 

------------------------------

 

 

すでに、ホームページも作り始め、学校も行き始め、

 

 

ああああ、私のお得意な、頭の中の「プロット」が、

 

 

出来上がってしまっているううううう、、、、。

 

 

 

 

 

ついこの前まではね。

 

 

老猫がいなくなってしまったらね。

 

 

娘連れて、ポートランド行く予定だったの。

 

 

まあ、これも、未だ諦めてるわけじゃないんだけど。

 

 

そんなときに、

 

 

当選するはずもなかった、公団に当選してしまい、

 

 

会えるはずもなかった、心の友に会ってしまい、

 

 

世の中にないと思い込んでいた、秘密の学校に入学できてしまい、

 

 

 

 

、、、、、、、、、。

 

 

 

 

これは、マザー・テレサの言葉だ。

 

 

20年前、私が打ちひしがれた、まさに逆境の渦だった頃。

 

 

 

The most terrible poverty is loneliness, and the feeling of being unloved.

 

最もひどい貧困とは、

孤独であり、愛されていないという思いなのです。

 

 

この、「孤独」であり、肉親との離散、社会からの孤立。

 

 

-----------------------------------

 

 

一回目の逆風の中だったら、「やろう!」という選択肢はなかった。

 

 

二回目の今、逆風を追い風にできる方法のいくつか、

 

 

これを、ホームページから、始めて、、、。

 

 

そして、去年、このためにOPENする寸前で、

 

 

「魔法の館」にするための、表向き実店舗の、駆け込み寺。

 

 

 

----------------------------------

 

 

 

今度の我が家は、3DK。

 

 

玄関から、すすっと入れる、独立した部屋があるの。

 

 

店の家賃もかからない。

 

 

自治会で承認してもらうだけだけど、

 

 

A市の公団では、福祉系のNPOは、団地内でも承認されている。

 

 

 

 

 

---------------------------------

 

 

 

どちらを先にするにしても、

 

 

ポートランド(仮)移住計画か、

 

 

悩むママのオアシスと、虐待・不登校の予防活動。

 

 

 

いや、ポートランドでなくともね、

 

 

毎月帰国できる距離のどこか、

 

 

英語を日常的に使える国、たとえば香港とか。

 

 

日本人学校は、日本国内と同じく公立で無償の学校がある。

 

 

もしくは、補習学校+現地の学校。

 

 

--------------------------------

 

 

 

どうしてだか、わからないいんだけど、

 

 

娘は日本の枠ではないと思っているのだよ。

 

 

息子は、どっぷり日本のシステムが合っていたのだが。

 

 

 

 

-----------------------------

 

 

自分の子供も幸せにできないやつが、

 

 

人の面倒みられるわきゃねーだろ!とも思うのだよ。

 

 

 

悩む。

 

 

つづく

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村