Studio B-Witchの物語

2016年からスタートした「スタジオフリーの物語」の続編です。

Stories of Studio B-Witch

introduction このブログには前編があり、ブログの1話目は2016年、当時は普通の主婦Aだった私は、ひょんなことから自分の中にあった「まだデザインをやりたい私」に気が付き、そもそも私的デザイン史とはどこからだったのか?を書きながら確認することにな…

2-9 Stories of Studiofree

夏休み 夏がくーーーると思い出すーーーーーー♪ 夏休み。 ↓ 宿題。 ↓ 課題。 高校3年は、また今度ね。 ごめんよ。 だって、思い出しちゃったんだもん。 あのね、 私は、悪いおんなで、 ムサビの課題とか、宿題とか、 アルバイトにあけくれていたもんでええ…

2-8 Stories of Studiofree

高校生活 間違って入ってしまった高校も、 数ヶ月もすると目が良くなり(?)、 徐々に、姫オタクではない人々、 仲良くしたいなっ!と思える友達の姿が、 私の目にも、ちらほらと映るようになりました。 なかでも、S井くん、Mちゃん、とは仲良くすること…

2-7 Stories of Studiofree

高校入学初日 写真 ちび妹三歳七五三 多分私高校2年生 中学のとき、まず面食らったことがあった。 朝礼などで校歌を歌う際、ちゃんと声を出して歌うのは、 みっともないことだったこと。 その頃、学校が荒れていた時期も重なると思いますが、 女の先生は毎…

2-6 Stories of Studiofree

誤解が誤解を呼ぶ、中3修学旅行事件 左で寝ているのが私。 右は、多分友達のK子ちゃん。 この写真、あとで、間違い探しあります。 して、 修学旅行事件ですが。 私が通った中学校、市内で最も大きなマンモス校で、 ひと学年のクラスがA組からJ組まで、40人…

2-5 Stories of Studiofree

愛と誠 ↑写真は中3かな。(いや、電話もってる奴ではない) 愛と誠が大ヒット。 テレビドラマか映画かは、忘れてしまいましたが、 漫画では可憐で美しい、乙女カットの早乙女愛役を池上季実子さんが演じ、 あまりの違いにげんなりしてしまい、 傷ついた誠を…

2-4 Stories of Studiofree

日本沈没 父親です。 これは、正確に何年ごろの写真かはわかりませんが、 おそらく、 TVラジオの交通情報を、ヘリコプターで上を飛んでいるパイロットが、 実況している昭和40年代ではないかと思います。 朝のニュース番組では、「では、ニッポン放送のUさー…

2-3 Stories of Studiofree

中学3年の夏 私の軌跡ー2-2 つづき これは、中学2年生。 三人姉妹。 右は次女、左は三女。 これは、中学3年生。 あれ? なんだか、人数が違います。 ちびっちゃいやつが、増えておる。 そう。 うちの母親は、 こともあろうに、 私が中学3年生の夏、受…

2-2 Stories of Studiofree

きっかけ はじめて見た。 自分の成人式の写真。 父親は、50年以上前から、カメラが趣味で、 外国製のへんちょこりんな形のカメラを、 いくつも持っていました。 自宅には、納戸を改造した暗室があり、 写真を撮っては、自分で現像していました。 いつも、す…

2-1 Stories of Studiofree

戦うことを決めた日 いきなりワープします。 今日は、真面目な文体です。 私にとって、真面目な話ですので。 昭和40年代、小学校4年生~6年生の頃。 父親はよく長期の海外出張をしていました。 ソ連(当時のソビエト社会主義連邦共和国)であったり、韓国で…